新一年生の子どもが泣きながら登校する心理と解決策

新一年生泣く

 

サポーターの育美です!

 

4月は幼稚園、保育園に通っていた

お子さんがピカピカの新一年生になる時期ですが

 

学校へ登校する時にワンワンで

泣きじゃくる子どもも居ると思います。

 

あなたのお子さんはどうでしょうか?

 

恐らく泣きじゃくって困っているから

この記事を読んでくれていると思うのですが

 

今回は新一年生の子どもが泣きながら

登校する心理と解決策をお話しするので

 

当てはまっている場合は

参考にしてください。

 

ということで、さっそく始めていきますね!

 

スポンサーリンク

 

小学一年生の子どもが泣きながら登校する心理

 

朝起きてご飯を食べるまでは

元気だったのに登校の時間が

近づくにつれてグズグズしだして

 

しまいには、

 

玄関でしゃがみ込んで

泣いてしまう子どもは多いと思います。

 

そうなると親は学校が嫌だからとか

周りの子にいじめられるからとか

こういった原因を疑ったりしますが

 

実は多くの場合

そういった理由ではなくて

 

新しい環境に適応するまでの間に起こる

不安から来るケースがほとんどなのですね。

 

そうです。

これと言った理由はないんです。

 

“不安”という漠然とした

恐怖で泣いているのですね。

 

小学一年生の子どもに限らずに

人間は新しい環境に身を置くと

とてつもないストレスを感じる生き物です。

 

たとえば

 

  • 進学
  • 転校
  • 転職
  • 努力
  • 新人研修

 

などなど様々ですが

 

これは生存本能がその場に

「留まっていないと死ぬぞ!」

と、危険サインを発するからなのです。

 

下痢をしたり憂鬱になったりと

大人でもそういう症状が現れるくらいなので

 

やっぱり小さい子どもは

余計に不安を抱えることになるのです。

 

だから、理由としては

新しい環境に馴染めていないから

 

というのが

唯一にして最大の原因ですね。

 

そもそも論ですが

小学校に入ったばかりなのに

 

学校が嫌いだったり

周りの子にいじめだったりなどの

原因は考えにくいので

(周りの子も同じように不安だから)

 

新しい環境に慣れていないことから

来るものだと思ってください。

 

※いじめだと感じるならこっちの記事です。

参考:小学校一年生の子どもがいじめられる時、親ができる1つのこと

 

言い換えると

 

新しい環境に馴染めていないから

不安で、ママが側に居てほしくて寂しいのです。

 

泣かないようになるための解決策を考えてみた

 

解決策を考えると

いくつか出てくるのですが

 

登校の集合場所まで

一緒に付いて行ってあげるとか

 

学校の担任の先生に事情を

しっかりと話してフォローしてもらうとか

 

帰ってきたら話をちゃんと聞いてあげて

頭を撫でて、いっぱい褒めてあげるとか

 

そういう感じになると思いますが

 

いずれにしても

いつまでもそういったことはせずに

 

自転車に乗る練習の時のように

最初は補助輪で自転車をこいで

 

次は補助輪を外して背中を支えてあげて

最後には気が付かないように手を放してあげる

 

このように、

いつかは自分の力で

学校に行けるようにしてあげることも

意識しておかないといけません。

 

手伝うのと依存させるのとでは

まるで意味が違って来るし

 

将来、自分の力で生きていける

能力が雲泥の差になるので

 

あくまでも少しの間

 

あなたは自転車の補助輪的な

役割を担ってあげると良いと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

はい、いかがでしたか?

 

新一年生の子どもが

泣きながら登校する心理として

 

新しい環境に馴染めなくて不安なのと

ママが居なくて寂しいからでした。

 

その解決策として

 

最初の内は

集合場所まで付いて行ってあげたり

 

担任の先生にフォローしてもらったり

 

学校から帰ってきたら

たくさん話を聞いたり褒めたりする。

 

そして、徐々に一人でも

学校に行けるように手を放していく。

 

これらが心理と解決策になります。

 

泣きじゃくるのは一年生になりたての

子どもに多い傾向にあるので

そこまで過度に心配せずに

 

「ああ、うちの子にもそういうのが来たんだ」

 

このくらいに考えて

ママであるあなたが

取り乱さないようにしましょう。

 

間違っても

 

「なんで、学校に行かないの!」

「いつまでも泣いちゃだめでしょ!」

「お母さん仕事に行けないじゃないっ!」

 

など、怒鳴ったりしないようにしましょう。

 

子どもは新しい環境に対して不安なのです。

 

その気持ちをくみ取ってあげて

少し長い目で見てあげてくださいね。

 

また、別の視点として

学校に行きたがらない一年生について

お話ししている記事もあるので

合わせて参考にしてみてくださいね。

参考:小学一年生の子どもが学校に行きたがらない時の心理と解決策

 

ということで、今回の話はこれで終わりにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

育美

スポンサーリンク

このページの先頭へ